CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ツィッターはじめてみました。お知らせがある時や、緊急連絡用に利用したいと思っています。教室にご在籍のみなさま向けです。フォローお願いします〜。
tierraazulkidsをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
「子どもと楽しいアートの時間」お話してきました・1
ご縁をいただいて、八千代市市民ギャラリー「八千代大人塾」にて講座を担当させて頂きました。

2/13、14と「施設まつり」が行われている中、「子どもと楽しむアートの時間」について、私にしては珍しく、大人の方対象の講座でした。



この八千代市市民ギャラリーは図書館と併設された新しい施設。

勉強のできる部屋があり、Wi-Fiまで完備だったり、なんとカフェや託児室!!まであったり!図書館の中には靴をぬいではいれる赤ちゃんにもありがたい部屋があり、床暖までついた充実ぶり!お母さんにも嬉しい、なんともすばらしい施設なのです〜。ちょうどこの日は子ども県展の展示もあり、手づくり作家さんたちのワークショップもありでそれはそれはにぎわっておりました。

http://yachiyo-library-gallery.jp



今回の講座は絵や工作、手芸などを通しての子どもとのコミュニケーションを学ぼうというテーマを頂きました。

どんなお話をしようかな〜・・・と資料を作成しているうち・・・あれもこれも伝えたい〜とまあ、盛りだくさんな内容になってしまい・・・とても1時間では終わらないボリュームになってしまいました^_^;



でもこれは。

大人の方へ向けてお話できるということは、とても意義深いことなのではないかと。

資料を作成しているうちにはた、と気付きました。(遅い!)



わたしの信条は「ちこぷんと」。

勝手な造語なのですが^_^; スペイン語でchico punto「小さな点」という意味です。

「小さな点のような場所でも構わない。でもそれは有意義な点でありたい」

それがアトリエをはじめてまもない頃に心にきめたことでした。



子どもが評価にとらわれることなく、自身の内的動機に突き動かされて、充分に探求、没頭、表現できる場が増えたら・・

そんな子どもを認め、見守り、表現と言う言葉にならないメッセージから子どもの姿を読み取ることのできる大人が増えたら・・

取り巻く世界が少し優しく、お互いに生きやすくなるかもしれません。



また、なによりそんな表現はきらきらとして、わたしたち大人の心をみずみずしく耕してくれます。

レッジョ・エミリア・アプローチからの学びでは、関わる大人がそんな豊かでイキイキとした感受性をもつことがお互いにイマジネーションとクリエイションを高めるやりとりを生み出していくのだそう。

子どもの見ている世界や発見を、感じる心を持つことは、大人の私達の暮らしも楽しいものに変えてくれることにつながっていきそうです。

大人と子どもの間で、地域で、ご家庭で…そんな豊かな循環が生まれていくステキな未来を妄想してしまいます。


子どもへのアプローチが私達の仕事でしたが、大人へ伝えていくことのおもしろさと重要さと・・示唆をいただく私にとって貴重な機会となりました。
つづく…

| ほうこく | 00:07 | - | - | pookmark |
「そうだ!市原いこう」アートミックスえんそく
もうふた月ほど前のこと。ゴールデンウィークも終わった5/11、この日は市原アートミックスの最終日でした。

千葉で開催された大規模な野外芸術祭!

下見に行き、「これは子ども達に見せたい!体感してもらいたい!」と勝手に盛り上がり・・・

希望してくれた子どもとおとな、総勢21名でえんそくにいって参りました!



小湊鐵道にゆられて。



スタッフの方は恐らく地元の方。みんなのおじいちゃんと同じくらいかな。どなたもとても温かく迎えてくれました。



オバケの学校が怖すぎたり…



ものすごーく高い遊具!これも作品だそう。登れる君たちの身体能力がすごすぎる!



体育館で運動会して暴れまくって、みんなでおにぎり。懐かしい運動会さながらです。



ん?




なんだなんだ?




出てきたのはモグラさん!

地面にぽっかり空いた穴の中で、ユースト中継中でした。

モグラTV

http://www.ustream.tv/recorded/47399441

子ども達の食いつきっぷりがものすごい!惹きつけるこの魅力はなんなんだ?

強く強く心に残ったことでしょう。






うってかわって養老渓谷の古民家では異空間のような時の流れと空間に目を丸くし…その美しさに浸る乙女たち。



移動中の鐵道にも物語が。





バスに乗り遅れて、みんなで必死に走ったり、たった1日の日帰り旅行でしたが、ハプニング、アクシデント山盛り!でも最後にはみーんな大きな笑顔!

ひとくちにアートって言ってもすごく多様でした。

教科書や格式高い(敷居の高い?)美術館にあるもの、ちょーんとお行儀良く額におさまってる絵、それはそれで意味があるし素敵なものだけれど、それだけがアートじゃないよ。

というより、この千葉の田舎に普段暮らしているみんなは「美術館」の美術作品自体、触れる機会はあるのかな?

今や、美術はあらゆる場所、あらゆる手段でみんなにアプローチしているんだよ。
たくさんの面白いこと考えて、おもしろいことを真剣にやってる大人がいるんだよ。

そんなことを伝えるいい機会になりました。


「いかなる問題も、それをつくりだしたときと同じ意識によって解決することはできない。」

アインシュタインの名言だそうです。

芸術家はいつの世も多くは時代のマイノリティでした。

見えないもの、分かりにくいものを私たちの目に、体に、わかる形に提示する力をもった人たち。

時に非言語で、時に体感するように、あらゆる手段で彼らの感覚が捉えたものをわたしたちにも見える形に変換して提示してくれます。

今を生きるアーティストたちも同様、私たちの前に横たわる様々な社会的な問題に対し、政治家、学者たちとは違ったルート、視点から、問題の突破口を、時にはユーモアや皮肉もタップリ交えながら、見せてくれることがある。

アートにふれるって、チャンネルをちょいと変える。
アーティストってそんな存在だと思っています。


今回体いっぱい味わった子ども達はどんな風に捉えてくれたかな。
君たちが大きくなる未来が楽しみだ!o(^▽^)o
| ほうこく | 21:19 | - | - | pookmark |
こどモノづくり展2013◎ご報告

新年度がはじまってはや半月。新小学1年生も、新中学1年生も新しい暮らしにわくわくしてるころでしょうか。
特設サイト→こちら「こどモノづくり展2013」 ではリアルタイムでお見せしてきましたが、こちらのブログでも少しご報告します。

さる3月23、24日、西志津ふれあいセンターにて、今年度の締めくくりの作品展を無事に開催、終了いたしました。



今年はなんと両日あわせて663名もの皆様にご来場頂き、おおにぎわいの2日間を過ごすことが出来ました。「しごとーしごとー!」と働きたくてしょうがない(笑)こどもスタッフ、今年も図書館に来た方にまで、よびこみがんばりました。普段は照れ屋さんな女の子も、みんなでわーーっと出かけていくのでオドロキです。「もらってきたよー」と来てくれたおじいさんや、案内しようとすると、「いや、先生じゃなくて子ども達がいいんだよー」と子どもスタッフご指名くださる方も。作品だけじゃなく、子ども達との出会いも楽しんで頂けたのかな〜と感じます。




奥の方でカラフル元気いっぱいパワーあふれるオーラを放っていたこちらは、水曜幼児クラスの秘密基地!年長チームだったこのクラス。パワーが半端ないメンバーでした。最後の仕上げはこの会場で。兄弟達や、子どもスタッフのお兄さん、お姉さんたち、そしてお母さんお父さんたちも加わって、みんなでわいわいやってくれました。他の準備に手一杯で任せっぱなしだったのですが、完成した頃のこのこ見に行ってみたらビックリ!!みごとなキラキラの出来上がりでした。これは・・・子ども達のやりたいことを大事に、じっくりつきあってくれたお母様たちが、魔法の幸せパウダーをふりかけてくださったんですね。ほんとにキラキラでした。


上は展示中のもの。中に入って遊ぶ幼児たちと「ああ〜壊れそう!」と黒子に徹してそれを支える6年生の図。はじめて会った頃は2人とももっと小さな年少さん、年中さんだったのにな〜。とってもかわいかったんだよ!



さて、こちらは今年も登場クレイアニメ!
メインは木曜チーム。それと昨年間に合わなかった元月曜クラスの現中学生の作品でした。
実はワタシ会場では全然見れませんでした・・・!(><)でも子ども達の作るフシギなストーリーを楽しんで頂けたみたいでした。本人たちによるセリフがやはりなんとも言えません。お話の順番や、テーマソングのチョイスも自分たちで。最後の1日でゲート「オニが島の入り口」も作り、ラストスパート粘ってくれましたよ!


日が暮れて真っ暗になるまで続きました。

長くなりました〜。書き始めるときりがない!(笑)伝えたいことは盛りだくさん。
続きはまた次回。おつきあいくださいませ〜〜。

| ほうこく | 12:47 | - | - | pookmark |
2学期の教室がもうすぐはじまります
 みんな学校もはじまった頃ですね。元気にしてますか?
さて、夏休みに入るちょっと前からお休みを頂いて2ヶ月間、中南米を旅してきました。
教室を文字通り遠く離れて、見えてくること、考えることもたくさんありました。近くで見えなくなっていた、見失っていたことに気づけた、それだけで行った甲斐がありました。
もちろん、中南米は手工芸、手作りの民芸品の宝庫!それからインカやマヤの遺跡や土器。
もうなんとも言えない絶妙なかたち、不思議なリアル感のオンパレード!教室でやってみたいこともた〜〜くさん、仕入れてきましたヨ。
このような時間をいただけたこと、ほんとうに感謝します!

無事帰国しましたので、予定通り、9月8日木曜日から2学期の教室、スタートします!
アトリエの皆様はいつもの時間、いつもの曜日にお越し下さい。何作ってたかす〜〜っかり忘れてそうですが、元気にきてくれればそれだけでOK!また一緒にがんばろー!

この2ヶ月の間に頂いたお問い合せにも、この後少しずつお返事してゆきます。
夫婦で運営しておりますが、夫はいましばらく旅を続けておりまして、9月中は妻ひとりでの運営となります。ですので、なかなかスピーディーにはいきませんが、必ずおへんじは致しますので申し訳ありませんが、今しばらくお待ち下さいませ。このような事情で、体験のご予約は9月中からお受けして、実際に体験して頂けるのは10月からになります。あらかじめ、ご了承頂けましたら幸いです。

そんな訳で、shu先生とはまだアトリエで会えませんが、メキシコで一人でがんばって制作しています。

旅のブログには引き続き、旅の様子を綴ってゆきますので、おヒマな時にはのぞいてみて下さいね。(右のLinksの・Travel ティエラアスール旅行記が旅専用ブログです)

ではでは、教室のみんな、元気な顔に会えるのを楽しみにしているよ!


| ほうこく | 21:51 | - | - | pookmark |
コアジサシデコイ、設置してきました!
 春休みに制作したコアジサシのデコイ。
さる4月29日、東京都森ヶ崎水再生センターの施設屋上にデコイを設置してきました!
ゴールデンウィーク幕開けの気持ちのいいお天気!デコイ設置日和でした。
震災後の不安の中ではありましたが、なんとも気持ちのいい遠足となりました。

ついたよ〜!この先が屋上!いつもは入れないところに入れるなんてワクワク。

こ〜〜んなに広い屋上でした!びっくり・・・
遠くに羽田空港からの飛行機が飛んでるのが見えます。

まずはこの営巣地の環境整備のお手伝いです。カラスよけの糸のはり方を教わりました。コアジサシはなんにもないとこにぽこん、と卵を産んでしまう鳥。猫やカラス、ハヤブサなどは天敵です。この糸がびよーんとのびてムズカしい。ふだんから手を動かしてるものの意地をかけて?せっせと結んでいきましたよ。

皆でお昼を食べたら、ミニレクチャーがありました。

そしていよいよデコイを設置!
みんなで協力して

デコイを石の中に埋めていきます。


コアジサシが上空で見て、仲間が卵をあたためてるな〜と思うように、2体並べて夫婦っぽくするのが基本。

当日はコアジサシにであうことができず残念でした。
その後どうなったでしょうか・・・卵をうみにきてくれたでしょうか。
その後の様子はリトルターンプロジェクトのブログをご覧下さいね。
たくさんのヒナが生まれ、巣立てますように!

北村さん、ほんとうにお世話になりました。みんなモノレールに乗って、おみやげに本までもらって大満足の1日でした!とっても楽しかったようです。

アルバムをアップしました。→こちら
ご参加されたみなさん、当日は行けなかったけれどデコイを作ってくれた皆さんは、どうぞ見てみてくださいね。
| ほうこく | 19:05 | - | - | pookmark |
デコイができたよ
 デコイ作り、大きな余震もなく、無事終了しました!ありがとうございました〜。

1日目にはリトルターンプロジェクトの北村さんが来て下さいました。
東大大学院で鳥(生物多様性)の研究をされている方で、いわば鳥と自然のプロ!
「オスとメスの違いってあるの?」
「鳥インフルエンザは大丈夫なの?」
「巣立った後はどこで暮らすの?」
「渡り鳥はなんで渡るの?」
といった質問にもその場ですいすいと答えてくれました。さすが〜と感心至極!とってもわかりやすくて久々に私も学生気分

2日目の子供達にも資料を残して下さって、ちゃんとお話は伝わったようです。
天敵はカラスと聞いて、「このデコイにBB弾のマシンガンや爆竹をしこんでカラスが来たら打つ!」とか「卵やヒナのデコイを作って辛い味をつけとく!食べて固かったらもう食べないかも」といったアイディアも。でもカラスだって生きるために食べるんだから、「撲滅!」っていう意見もでたけど、それは違うね。
「地球上に生きる生き物の絶滅を一種類でも防ぎたいのはなぜか」
昨年話題だった「生物多様性」についてもお話を聞きました。
カラス退治にもりあがってる男子たちはすっかり忘れてるようでしたが・・・って、伝わってないじゃーん!ま、まあコアジサシを守ろうとするあまりの発想ですから、暴走しちゃっただけですね。

自然や動物好きな子が多いこのアトリエの子供達のなかでも、今回集まってくれた10数名は、おそらくより感心を強く持っている人たちと言えるでしょう。知識は大人顔負けに持ってたりする子供達。今回は実際に会って、手を動かして、体験になれば良いなと思います。4月のデコイ設置も楽しみだなあ。イベントは、興味のある人の琴線にふれればよいと思ってるので、今回はこういった分野でしたが、また違う分野でもなんかやっていきたいところです。

ざざーん!コアジサシ隊!出動!(1日目のデコイ隊)

え、出動だって。どうする?ざわざわざわ・・・(2日目のデコイ隊会議中)

いやいや、出動してくださいって!


| ほうこく | 14:30 | - | - | pookmark |
| 1/1PAGES |