CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ツィッターはじめてみました。お知らせがある時や、緊急連絡用に利用したいと思っています。教室にご在籍のみなさま向けです。フォローお願いします〜。
tierraazulkidsをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
<< イベントやります! お菓子のお家をつくろう | main | 今週の金曜日クラス >>
今週の木曜日クラス
随分ご無沙汰になってしまいました。先週から今週にかけての木曜日クラスです。

まるで飛行機の整備士さんのようですね。下地を塗っています。H君の張り子の飛行機、着色に突入!


迷路を作り終え、次は張り子にチャレンジのMちゃん。カゴを作りたいと考えました。お部屋にある自分のおもちゃなどを入れるものを作りたいそう。


こちらは羊毛の宇宙人を作り終えたK君。

次のテーマは、アトリエにたーんと蓄えてある大小さまざまな形の木の端材を使った工作。「迷路を作ろう! 」と考えたようです。まずは土台の板を切っています。

後半チームも先週版画が終わり、自分の制作へ戻ってきました。

手前に写っているS君、何かに火がついたようで「たくさん作る! 」と鬼のように刷る刷る!素早い動きで手が見えませんね(^^;;

こちら木を削って木刀を作っているTくん。

先週は「初めて豆ができた」と手を見つめてえらいブルーに。ひたすら小刀で削るのですから、当たり前のことです。むしろマメが出来てそこから、皮膚はどんどん強くなり、手はどんどん使いやすい自分のいちばんの道具になっていくものですよね。予想以上に根気が必要だったり、初めてのマメの痛みだったり、自分との戦いが続いているTくんなのでした。

実はアトリエで初めてマメができたという子が多いのです。そして大抵ブルーに。昔はマメなんかたくさんできてしょっちゅうむけてたんだけどなぁ。鉄棒、雲梯、木登りとか、やっぱり手を使う遊びが減っているのかなあと思います。

手といえば思い出すのは、炊き立てのご飯を握っても熱くないという、おばあちゃんの厚い皮膚の手のひら。触り比べると、子供の頃の自分の手のやわやわでたよりないことといったら。すぐにマメができてしまうのが不満でした。たくさん手を使わないとこうならないんだよ、と教わりながら、早くこうなりたいと願っていました。

手を使うこと。地味ですが大事にしていきたいポイントです。

こちらは版画が気に入っちゃった2人。二枚目を作るのだと制作中。


コツコツ自分の制作を頑張ってきたKくん。作りたかったんだ、という恐竜たちのいるところを作っています。

ずっといろんな制作の中で恐竜を作り続けていて、それが形も色もどんどん進化しています!
| webちこぷんと(教室レポ)木曜日 | 21:27 | - | - | pookmark |