CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ツィッターはじめてみました。お知らせがある時や、緊急連絡用に利用したいと思っています。教室にご在籍のみなさま向けです。フォローお願いします〜。
tierraazulkidsをフォローしましょう
MOBILE
qrcode
OBOGの皆さんへ〜さくせんかいぎのお知らせ〜

アトリエを卒業していったみんな。元気かなあ。いろんな活動で頑張っていたり、つまずいていたり、おもしろかったり、悩んでいたり。きっといろんな時間を過ごしているんだろうなあ。きっといろんなステージにいるね。10代後半から20代前半のみんな。体も心も気持ちも、忙しくて面白くて悩ましい時だね。私はいろんな場面で、ちょくちょく、いろんなみんなの顔を思い出します。あんなことしてたな、あんなこと言ってたな。なんて。現役の子どもたちにみんなの作ってきたものの話をしたり、写真を見せたりもよくします。

さて、そんなみんなにお願いです。今年も作品展をやります。そして作品展を作るための「さくせんかいぎ」もやります。手伝いに来てもらえないでしょうか?!
みんなのアイディアでやることを決め、みんなでワイワイ作りたいものを作る会。できる人ができることを、やりたい人がやりたいことを。一人では難しいこと面倒なことも、みんなでやればできたりする。自分一人で考えていたことから発展したりする。自分ではできなかったことも、得意な人の手を借りてできることもある。普段の制作は自分でやるのを大事にしているけれど、自分では気づけない「枠」はどうしてもある。「協働」で作ることによって自分の枠が広がる、そんなきっかけになると思っています。そして誰かと協働して何かを作り上げる経験は、自分の作品を作ることを超えて、この先生きていくときの力になる。そう思って「協働の場」さくせんかいぎをはじめました。私の理想ですけれど。
だけれど、私と秀先生だけでは手が足りません。意見をくみきれないし、子どもたちにやりたいことがあっても小学生たちだけでは作りきれません。ちょこっと持っててあげたり、一緒に色を塗ってあげたり、サポートが必要なのを感じています。
久しぶりにちょっと行ってみようかなー。
今ちょっと時間あるから少し顔だしてみようかなー。
ま、ちょっと行ってやるか。
3日間のうち、一日だけ、1時間だけでも充分です!もし都合がつく人、余裕がある人がいたら、ぜひぜひ、手伝いに来てもらえないでしょうか?力を貸してもらえると嬉しいです。お気軽に〜。
2/10 13:00〜16/00
2/24 (時間未定。午前午後ともにやってるかも)
3/3 (時間未定。午前午後ともにやってるかも)
アトリエにて!
来れそうな人、連絡くださいね〜。メール、ライン、電話などなど、お待ちしてます。
連絡先わからなーい、という人はこちらのフォームから連絡入れてね。
忙しくってそれどころじゃない人ももちろんいるでしょう。応援してるよー。お互いがんばろうね!
わたしもがんばるー。
| おしらせ | 09:22 | - | - | pookmark |
見えないものの絵
うわあ!なんとまあすっかりご無沙汰でした!

いよいよ?とうとう?年の瀬。いつもはそれぞれ、てんでばらばらに自分の制作しているアトリエも、師走気分に乗っかって季節の制作したくなる12月。今年は「見えないもの」を描いてみたよ! あるものを収穫。くんくん。香りを嗅いで。ざくん。包丁で切って。舐めたり食べたり。そうして生まれたこんな絵あんな絵。 さーて、なにの何を描いたのでしょうか!?








正解はこれ





柚子でしたー
柚子の香りや味を描きましたよ。すっぱい、苦い。甘いって人も。絵から伝わるかな?
| ひびざっき | 12:26 | - | - | pookmark |
こどモノづくり展2016明日から!
すっかりすっかりお知らせが遅くなってしまいましたが・・・明日、2016年3月19日、20日の二日間、今年も作品展を開きます!







本日、前日準備でした。1年生から高校生までの子ども達有志、OBOG、ご父兄の皆様・・・みんなでわいわいばたばたと会場に設営してきました!ご父兄の皆様の子ども達の作品を尊重して、大事に飾って下さってるお気持ちがもうありがたくて!!

卒業していっても手伝いにきてくれる皆と会えるのも嬉しい。在籍生たちのこの大騒ぎの祭りにわくわくの様子も嬉しい。

アトリエの年に一度の大騒ぎ。どうぞ見にいらしてくださいね!!

| おしらせ | 22:16 | - | - | pookmark |
モチモチの森で造形します
佐倉市印旛沼のほとり、アトリエからも車で20分ほどの近くに「モチモチの森」という施設があります。
児童発達支援事業、放課後デイサービス事業を行っていらっしゃるNPOです。
「たまあーと創作工房」のこまちだ先生が、こちらの青山晴美先生にご縁をつないでくださいました。
晴美先生は本当に広くて暖かで明るくて・・・とってもすてきな先生です。
発達支援に関しては経験の浅い私達ですが、とても暖かく迎えて下さり、少しずつ造形の時間をさせて頂いています。

前回はオガクズ粘土と自然素材で秋を楽しんできました。
部屋いっぱ〜いのたくさんのファミリーにご参加頂けてびっくり!
しかも元気いっぱい、部屋中粉やオガクズやまき散らして、粘土を思いきり叩き付けて、からだいっぱいに粘土作りを楽しんでくれました。経験豊かな先生たちにサポートして頂いて、なんとも楽しい時間になりました。

この2月もまたお邪魔することになりました。2/28の日曜日に今度は「塩」と「絵の具」で遊びます。
カラフルな時間をすごしましょう!

我が子の発達が少し気になる・・・、そんな時が誰しもあると思います。
この施設はまだできて日が浅いですが、先生は長きにわたってこどもたちの支援をしてこられています。
とても気さくに話をきいてくださいますから、気軽に行かれてみてくださいね。
| おしらせ | 22:04 | - | - | pookmark |
「子どもと楽しいアートの時間」お話してきました・1
ご縁をいただいて、八千代市市民ギャラリー「八千代大人塾」にて講座を担当させて頂きました。

2/13、14と「施設まつり」が行われている中、「子どもと楽しむアートの時間」について、私にしては珍しく、大人の方対象の講座でした。



この八千代市市民ギャラリーは図書館と併設された新しい施設。

勉強のできる部屋があり、Wi-Fiまで完備だったり、なんとカフェや託児室!!まであったり!図書館の中には靴をぬいではいれる赤ちゃんにもありがたい部屋があり、床暖までついた充実ぶり!お母さんにも嬉しい、なんともすばらしい施設なのです〜。ちょうどこの日は子ども県展の展示もあり、手づくり作家さんたちのワークショップもありでそれはそれはにぎわっておりました。

http://yachiyo-library-gallery.jp



今回の講座は絵や工作、手芸などを通しての子どもとのコミュニケーションを学ぼうというテーマを頂きました。

どんなお話をしようかな〜・・・と資料を作成しているうち・・・あれもこれも伝えたい〜とまあ、盛りだくさんな内容になってしまい・・・とても1時間では終わらないボリュームになってしまいました^_^;



でもこれは。

大人の方へ向けてお話できるということは、とても意義深いことなのではないかと。

資料を作成しているうちにはた、と気付きました。(遅い!)



わたしの信条は「ちこぷんと」。

勝手な造語なのですが^_^; スペイン語でchico punto「小さな点」という意味です。

「小さな点のような場所でも構わない。でもそれは有意義な点でありたい」

それがアトリエをはじめてまもない頃に心にきめたことでした。



子どもが評価にとらわれることなく、自身の内的動機に突き動かされて、充分に探求、没頭、表現できる場が増えたら・・

そんな子どもを認め、見守り、表現と言う言葉にならないメッセージから子どもの姿を読み取ることのできる大人が増えたら・・

取り巻く世界が少し優しく、お互いに生きやすくなるかもしれません。



また、なによりそんな表現はきらきらとして、わたしたち大人の心をみずみずしく耕してくれます。

レッジョ・エミリア・アプローチからの学びでは、関わる大人がそんな豊かでイキイキとした感受性をもつことがお互いにイマジネーションとクリエイションを高めるやりとりを生み出していくのだそう。

子どもの見ている世界や発見を、感じる心を持つことは、大人の私達の暮らしも楽しいものに変えてくれることにつながっていきそうです。

大人と子どもの間で、地域で、ご家庭で…そんな豊かな循環が生まれていくステキな未来を妄想してしまいます。


子どもへのアプローチが私達の仕事でしたが、大人へ伝えていくことのおもしろさと重要さと・・示唆をいただく私にとって貴重な機会となりました。
つづく…

| ほうこく | 00:07 | - | - | pookmark |
<< | 2/34PAGES | >>